大手の企業へ転職を考える上では、業種によるギャップがあることを心得ておく必要があります。大手企業の多くは古くからの風習や風土といったものがあります。この企業風土は簡単に変わることは無いために、企業によっては大きく異なるものとなります。それを頭ではわかっていても、転職するとそのギャップに困惑するケースが多いものです。そのためにまずは自分が希望する企業はどのような風土や習慣を持つのかを調査することが必要となります。

例えばベンチャー企業としての革新体制に期待していたのに、実は保守的で新しい企画が通りにくいといったことも良くあります。自分が望む仕事をするにあたり、その風土が合わないとギャップに悩むようになるので注意が必要です。次に、実際に転職してみて感じるギャップとして多いのが、昇給に関することです。成果報酬を謳っているにも関わらず、実際には年功序列の風習から抜けきれないところも多いものです。このような場合には、途中入社はどうしても不利になります。もちろん、なかなか成果を出せずにいる人にとっては年数が経つことにより昇給するので良いという一面もあります。そのために、自分が望む働く環境と企業の風習や風土が合うものかどうかを事前にしっかりと調べておくことが大切ということです。

大手ほどその傾向というものがはっきりしているので、その中でどう自分という個性を発揮できるのかを前提に考えることが必要というわけです。そのためにも、現在の自分に対して自己分析をすることは有効な手段です。転職成功に向けた将来ビジョンも明確に作成しておくと、自分に必要な情報収集もスムーズに運ぶでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です